【激安!鍵盤ハーモニカ】メロディーメリーMM-32を徹底レビュー

学校からあっせんされる、有名メーカーの鍵盤ハーモニカは高いのよね

ネットでは安い鍵盤ハーモニカが販売されているけど、実際に使えるの?

このようなお悩みや疑問はありませんか?

小学校の音楽の授業で使う鍵盤ハーモニカ。3年程度しか使わないので、できるだけ安く抑えたいと思う保護者の方も多いと思います。

そこで今回は我が家が購入した鍵盤ハーモニカ「メロディーメリー MM-32」を徹底レビューします。子どもが実際に使ってみた感想を交えながら紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事はこんな人におすすめ!

・安い鍵盤ハーモニカを探している
・メロディーメリーMM-32を実際に使ってみた感想を知りたい
・高い鍵盤ハーモニカと安い鍵盤ハーモニカ、どちらを選んだらいいのか教えてほしい

目次

鍵盤ハーモニカ「メロディーメリーMM-32」とは

メロディーメリーMM-32の概要は以下のとおりです。

メーカー株式会社 日本娯楽
鍵盤の数32音
BLUE PINK GREENの3色
本体サイズ幅43cm× 奥行き10.5cm× 高さ4.5cm
ケースサイズ幅47cm× 奥行き17cm× 高さ6cm
重量本体:500g 総重量:1070g
付属品中空二重軽量ブローケース 立奏用唄口 卓奏用パイプ クッション
メンテナンスクロス 取扱説明書

小学校の音楽の授業で使われる、スタンダードな32音の鍵盤ハーモニカです。有名メーカーの仕様と大きな違いはありません。

メロディーメリーMM-32をレビュー

メロディーメリーMM-32を詳しくレビューしていきます。

内容紹介

ネットショップ(楽天)で購入。このような箱に入っています。

開封すると以下の3つが入っていました。

・メロディーメリーMM-32本体
・取り扱い説明書(保証書)
・クッション・メンテナンスクロス

ケースを開けた状態。スズキのメロディオンやヤマハのピアニカと、見た目に大きな違いはありません

本体がビニール袋で保護されています。本体とメンテナンスクロス、唄口が2つ入っています。

メロディーメリーMM-32を使ってみた

実際に子どもが使ってみた様子をレポートします。

メロディーメリーMM-32は、学校や幼稚園で使われる標準的な大きさの鍵盤ハーモニカです。ケースの開け閉めでは、閉めるのに少し力がいるようでした。数回練習して、コツを覚えれば自分で閉められるように。

親指をスライドさせながら閉めるのがコツ。

本体を開けた瞬間に「おぉ〜」と感激していました。初めて使うので、興味津々です。

本体に卓奏用パイプを差し込んでみます。差し込みも、少々力がいるようです。

卓奏用パイプを差し込んだ後、直接口をつけずにフーフーしていました。正しい使い方を教える必要があります。

初めての鍵盤ハーモニカ。思ったよりも大きな音が出てびっくりしていました。ピアノ経験がないため、まずは音を出すことを楽しみます。

子どもが使ってみた感想は以下のとおりです。

・ケースを開けるのは簡単。閉めるのは練習すれば大丈夫。
・鍵盤を押すのが楽しい。
・色が好み。

保護者から見た感想は以下のとおりです。

・普通に使える鍵盤ハーモニカ。
・学校で使う前に、何度か練習をさせておいたほうがよさそう。

メロディーメリーMM-32のメリット

メロディーメリーMM-32のメリットは以下の4つです。

・有名メーカーの半額で買える
・感染症対策が施されている
・本体が軽量
・音程は大きな問題なし

有名メーカーの半額で買える

一番のメリットは、価格が安いことです。スズキのメロディオン、ヤマハのピアニカと比較してみましょう。

メーカー商品価格
日本娯楽メロディーメリーMM-322,980円(楽天)
スズキメロディオン アルトMXA-32G6,930円(公式)
ヤマハピアニカP-32EP7,260円(公式)

メロディーメリーMM-32は有名メーカーの鍵盤ハーモニカの半額で購入できます

価格が安いのには、それなりのワケがあるのでしょうが……。価格の差には、ブランド力・サポート体制・品質・広告費などがあげられると思います。

このように、メロディーメリーMM-32は有名メーカーと比べて、安価で購入できるメリットがあります。

感染症対策が施されている

メロディーメリーMM-32は、上記のように感染症対策がとられています。まだまだ先が見えない感染症ですが、子どもたちが安心して使えるよう、企業努力が行われています。

数年前の小学校では、鍵盤ハーモニカの貸し出しが行われていました。当時は唄口を用意すればよく、本体を購入する必要がありませんでした。しかし今は感染症対策のため、本体を購入しなければならなくなったのです。

検品時にスタッフが手を触れないからといって安心できるわけではありません。しかし少しでも感染のリスクを減らすために、企業側は対策をしています。

本体が軽量

メロディーメリーMM-32は本体が500gと軽量です。スズキのメロディオンは565g、ヤマハのピアニカは600gなので、それらと比べると軽量となっています。

小学生の荷物は、学年が上がるたびに重くなっていきます。家庭学習しない教科の教科書を学校に保管するなど、文科省は少しでも荷物軽量化させるための対策をとっていますが、それでもやはり重いもの。

保護者としては100gでも軽くしてあげたい

本体が軽量のメロディーメリーMM-32は、体の小さなお子さんでも持ち運びしやすい鍵盤ハーモニカです。

音程は大きな問題なし

メロディーメリーMM-32は、音程の狂いはほとんど感じられませんでした。

安い鍵盤ハーモニカだから、多少の音程のズレは仕方がないかな……と思っていましたが、問題ありません。

メロディーメリーMM-32を子どもに吹いてもらい、音程をチェックしたところ、ほぼ合っていました。多少音程にズレがあるかな……と感じましたが、許容範囲だと思います。

この価格で音程がここまで合っているのは、正直驚きでした。

メロディーメリーMM-32のデメリット

メロディーメリーMM-32のデメリットは以下の3つです。

・ケースの留め具が固い
・本体とケースの留め具が蝶番ではない
・卓奏用パイプがしまいにくい

ケースの留め具が固い

ケースの留め具は、力を入れて閉める必要があります

我が家の子どもにとって、開けるのは簡単でしたが、閉めるのは難しかったようです。

閉める際は、留め具が引っかかるまで強く押さえなければいけません。練習するとできるようになりますが、手の小さな幼稚園の年少さんぐらいだと少々難しいかもしれませんね。

本体とケースの留め具が蝶番ではない

本体とケースの留め具は蝶番になっていないので、長期間使っていると折れる可能性があります

(画像引用:https://www.suzuki-music.co.jp/products/12241/)

こちらは現在のスズキ メロディオンMXA-32G用ケースです。メロディーメリーMM-32と同じように、蝶番にはなっていません。ちなみに40年前のメロディオンの留め具は蝶番でした。

メロディーメリーMM-32の留め具は、プラスチックを曲げて使用するものです。実際に使ってみないとわかりませんが、経年劣化や何度も開け閉めすることで割れてしまうかもしれません。

※3年間使ってみて、つなぎ部分が壊れたら追記いたします。

卓奏用パイプがしまいにくい

卓奏用パイプは長いので、小学一年生にはしまいにくいようです。パイプが柔らかいことも影響しているでしょう。

ただしこれも練習を重ねれば、できるようになります

学校での授業が始まる前に、何度かしまう練習をしておくのがおすすめです。

メロディーメリーMM-32のQ&A

ちょっと気になるメロディーメリーMM-32の疑問にお答えします!

メロディーメリーMM -32はどこに売っているの?

我が家はメロディーメリーMM-32を楽天ショップで購入しました。

調べたところ、公式サイトでは販売されていないようです。他にはamazon、Yahoo!ショッピング、joshin webなどで取り扱いがありました。

商品が届いたらやっておいたほうがいいことは?

子どもが使う前に、立奏用唄口と卓奏用パイプを洗っておきました。水気を残さないよう、陰干しして完全に乾かしています。

特に記載はないので、おそらくそのまま使っても問題ないとは思います。我が家では子どもが清潔に使えるよう、中性洗剤を食器用スポンジにつけて洗いました。

ドレミシールは必要?

ドレミシールは必要ありません(キッパリ)!なくても子どもはすぐに覚えてしまうからです。

逆にドレミの文字が書かれていると、文字ばかりに気がいってしまいます。商品を購入すると、ドレミシールが付属で付いてくると書かれているショップもありますが、私はなくても大丈夫だと思います。

卓奏用パイプは別売りをしている?

卓奏用パイプと立奏用唄口は別売りをしています。メーカー希望小売価格は、2つセットで550円です。

購入するショップによって価格が大きく異なります。卓奏用パイプのホース部分が破れたり、汚れがひどくなったりしたら、買い換えるとよいでしょう。

結局メロディーメリーMM-32は使えるの?

小学校の音楽の授業にメロディーメリーMM-32は使えるのでしょうか。

我が家の場合は「YES」です。メロディーメリーMM-32を推す理由は以下のとおりです。

・音程にのずれはほとんどなし。問題なく使える。
・値段と商品の質のバランスがいい。
・3年間使えれば十分!。

有名メーカーと比べると、ケースや卓奏用パイプの品質は劣るかもしれません。しかし小学校低学年しか使わないので、これで十分だと考えます。

むしろ、3年間もってくれればいい!それ以上は望まない!というのが我が家のスタンスなので、メロディーメリーMM-32は全く問題なく使える鍵盤ハーモニカだと思います。

ただし以下のような人には向かないかもしれません。

・品質重視!子どもにはいい楽器を使わせたい。
・学校指定の鍵盤ハーモニカがいい。
・弟や妹にお下がりを持たせたいので、長く使えるものがいい。

メロディーメリーMM-32は長期間使えるかもしれないし、使えないかもしれない。子どもの使い方によっても、使える期間は異なるでしょうし、正しい答えはありません。

メリットとデメリットを踏まえて、お子さんの鍵盤ハーモニカを選んでみてくださいね。

3年間使うなら、メロディーメリーMM-32で十分!

日本娯楽のメロディーメリーMM-32についてレビューしました。

メロディーメリーMM-32について調べてみたものの、あまりレビューがなくて、大丈夫かな?と少しドキドキしながら購入しました。有名メーカーの半額で購入できてしまいますからね。

感想を一言で言うと「値段の割には、かなりいい商品!」だと思います。

今回使うのは我が家の末っ子なので、次に使う子どもはいません。だから、品質よりも価格を重視したメロディーメリーMM-32で十分という気持ちもあります。

今回の記事が、鍵盤ハーモニカ選びの参考になれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村に参加しています。(ポチッとお願いします!)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【職業】webライター、ブロガー
【好きなもの】家族、執筆、納豆
【苦手なもの】触覚と羽の生えた黒い虫

スリルある毎日よりも穏やかに毎日を過ごしたいと日々願っている、HSPの二児の母です。

コメント

コメントする

目次